配信をするハードル

セカイイチヒーローのみなみ ゆき(@Sekai1_hero)です。
今日は10分で書き上げたいと思います。

今年に入ってからFacebook liveで動画配信をしています。
そのおかげか、
「配信をする」ということ自体のハードルがとても下がってきました。
慣れてもきたんだと思います。

私もほんの2年ほど前までFacebookに登録することさえ拒否していました。
多分Facebookを使っていない多くの方と同じように、
興味がなかったのと、滲み出る「リア充感」がたまらなく嫌だったのです。

配信し続けること

結局個人で仕事をしているならブログだけではなく、
Facebookも使ったほうがいいと教えてもらってエイっ!!と始めたのを覚えています。

始めてみたらなんのなんの。
リア充感を出している人もいればそうで無い人もいて、
自分にあった使い方をすればいいんだなぁと簡単なことに気づき、
今では投稿したり配信したり好きなように使っています。

最近この話題が多いですが、
結局のところテクニック的にこうすればPV数が上がる!とか、
みてもらえる!っていうのはあるんですが、
自分がバチっとはまったところで「配信し続ける」ということに勝るものは無いと思うのです。

ずれたところでの配信は確かにもったいないですが、
配信を続けることによって必ず何かに引っかかる。

それは自分自身の気づきかもしれないし、
ファンになってくれる人やアンチの人が現れるかもしれない。

だけどそれは配信するからこそ出会うことができる、
新しい流れなんだなぁと思います。

2対6対2の法則

昨日も配信で話していたんですが、
できれば私も世界中の人に愛されたい(笑)
でもそれって無理ですよね。

2対6対2の法則というのがあって、
10人いたらあなたが何をしていようが絶対に応援してくれる2人と、
興味があったりなかったりする6人。
そして絶対に嫌いになる2人がいるという法則です。

これはあながち間違ってなくて、
この法則が腑に落ちるとあの人に嫌われた・・・って無理に落ち込むこともなく、
こういうもんだなって思えます。

上位2割を大切にしながら、
あとの6人ないし8人にどう楽しんでもらおうと思えることで、
母数が増えてきて、そうなると好きになってくれる人も増えるんじゃないかなぁと思います。

そのために必要なのが、
自分の思いを配信し続けることなんだと思うのです。

ブログをお読みいただいたり、
配信をみてくださっている皆さま、どうもありがとうございます♪

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事