10分でも、慣れればいろんなことが書ける

セカイイチヒーローのみなみ ゆき(@Sekai1_hero)です。

今日も10分タイマーで書きたいと思います。
というのも、ちゃんとしたブログを書くってすごく時間がかかるもので、
1記事2時間〜3時間かかることなどざらにあって、
それゆえにブログを書くのをめんどくさいと言うことで書かなくなる人も多いのです。

でも10分で記事を書いて、
5分で編集すれば15分。

忙しいときはこれで充分なので、
(もちろんもっと短くてもいい)
更新し続けるとサイトが動いて活性化していきます。

たった10分ですが、慣れればいろんなことが書けます。
書くということは筋トレと似ているので、
慣れれば慣れるほど自分自身の言葉で書くことができるようになるし、
長文も書けるようになってきます。

私は600文字程度の文章を量産するのが好きで、
気を抜くとそのくらいの文字数になってしまうのですが、
最近はたくさん文字に落としたいなと思っているので1000〜2000くらいの文章を目指しています。

空白の1日の行方

文字に落とすと言うと、
今年に入ってから「ほぼ日5年手帳」という5年間記録が残せる手帳をはじめました。
これも忘れると1週間分くらい一気に書くことがあるんですが、
そうすると何をやっていたかどうしても思い出せない日ってあるんですよね。

そこは確かに何かはしていたはずなんですが、
人と会う予定やTo DOは手帳に書いていてもそれ以外の何をやったかまでは、
私は手帳にログをしていないので空白の1日というのが生まれてきます。

この五年手帳も初めていま4月なので4ヶ月ですが、
書いて残しておくことで何もない1日が何かあった1日になっている気がしていて、
これは大発見。

この手帳を書くようになって、
さらにこのブログも書かなきゃなと思ったきっかけにもなりました。

何気なく過ぎていく日常をログしていくことで、
読み返しても楽しい。
これって最高の娯楽のような気がするのです。

周りや縁の下も撮ったり書いて残したい

写真はたくさん撮ろうと思うし、
文字はいっぱい残して、写真を日記に貼って…
多分30年後とかに見ることがあったら
この日記とか普段撮った写真はとても大きな宝物になるんじゃないかと、
密やかな楽しみとして毎日をすごしています。

そういえば昔、結婚式の写真を撮るときは、
周りの人を撮っておきなさいっていうのを聞いたことがあります。

新郎新婦の姿を撮るのは当たり前ですが、
結局後から見たいのって、結婚式の時に親がどんな顔をしていたか、
おじいちゃんおばあちゃんや、親戚の人も懐かしい顔が見れて一瞬で記憶が戻ります。

そんな大舞台でなくても、
最近はちゃんと周りや縁の下も撮ったり書いて残したいと思うのです。

本日も最後までありがとうございました♪

LINEへの登録で「小さなお店のWEB集客の教科書」プレゼント!

先生業、小さなお店などのスモールビジネスをされている方へ。
いまならLINE@にご登録いただくだけで無料で、
2万文字を超える「小さなお店のWEB集客の教科書」のE-BOOKをプレゼント!
小さなお店に特化したWEBマーケティングの方法を懇切丁寧にお伝えしています。

今すぐお友達登録をお待ちしております♪

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事