セカイイチヒーローのみなみ ゆき(@Sekai1_hero)です。
最近ではいろんな方にインタビューさせていただく機会が多く、
もともと話を聞くことが好きなのでとても楽しいです。

嬉しいことに先日もお二人にインタビューさせていただき、
後日また記事が公開される予定です。

ふと思い出したのですが、
昔々に漠然と、その人が好きなことの話を聞いて、
生活になったら最高だなって思っていました。

よく考えたら、
その願いは今かなっていますね。

自分が興味を持ってやっていることって、
とても楽しいじゃないですか。

好きのツボがみんな違う

その興味を持っていることを聞くって、
私にとってはかなりエキサイティングなことで。

例えば映画を見るのが好きな方がいらっしゃるとして、
私は映画をほとんど見ませんし苦手なんですが、
この人は映画が好きという。

私とは射程圏内というか好きなツボが違うので、
どこがそんなに面白いのかなぁというのが気になって
それが聴けた時にとってもスカッとした気持ちになるのです。

よく趣味のことで、
全部見ていないとファンじゃないとか趣味とか言えないとか、
そういう考え方があると思うんですが、
それはナンセンスですね。

一回見ただけで好きになってファンになったんだったらそれはファンでいいし、
長年見ててファンならそれはそれでいいと思うんです。

ただ、
どこに惹かれて好きになったかとか、
どういう点が面白いかとか。

それは人それぞれ違って、
しかもストーリーがあるんですよね。

インタビューをしていると特に顕著に感じるのが、
人に歴史ありだな〜と思うのです。

私が関わっているのが、
個人事業をされている方やすでに会社を経営されている方のお話がとても多いのですが、
なぜ自分で初めたかというと、
やはり何か思いがあって始めた方がとても多いのです。

人は物を買うというより、
その人を買っていたり、エピソードを買っていたりするんだと思います。

好きなことは楽しい!楽しいことは好き!

商品を提供する側として、
そのエピソードをしっかりと語れること。
それはひいては人を動かすことでもあるし、
ファンを作り出すことでもあると思います。

今日は何が言いたかったかというと・・・。
好きなことは楽しい!
楽しいことは好き!ってことですね♪

好きとか楽しいをもっと突き詰めて、
さらに私も好きを増やしたいと思います。

次にはどんな「好きの亡者」のお話を聞けるのか楽しみです。

今日もありがとうございました♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事