【感じるカラダ】感じるための初めの第1歩

 
こんにちは!しらゆき整体心のしらゆきです。
昨日の感じるカラダについて。
 
すこく興味がある!
など言ってくださった方、
ほんとにありがとうございます。
 
 
 
私自身、整体という仕事をしてる中で、
自分自身が人に触られることが苦手であるためにどれだけリラックスして受けていただけるか?
無駄な緊張を取り除けるか?
ということを重点的に考えています。
 
 
だって元々どこかが緊張している訳ですから、
またその上に、触られるのがトゲトゲしい!!
 
とかだったら余計に固まっちゃいますよね。
 
 
 
 
ということでまず、感じるカラダになるコツは、
【自分のカラダに意識を向ける時間を増やす】です。
 
 
先ほどの例のようにストレスを感じていると、
皮膚からの気持ちいい!という感覚を伝えることがにぶくなってしまいます。
 
 
さわるのがうまい人にさわってもらえればよし!
ですが、まず手始めに、
普段から気持ちいい!と感じることができるように、
鈍くなっている感覚を育てることから始めることがよいとおもいます。
 
 
 
女性のみなさんなら、
化粧水、乳液などのスキンケア時に顔に触る機会が多いですよね。
 
その時にはぜひ、
皮ふが気持ちいいーーーっ!!
と思うるようなスピードと触り方を意識しながら触ること。
 
 
 
毎日のことなのでぱぱぱっと手早く終わらせることも多いと思いますが、
できるだけゆっくりと感覚を感じながらケアが大切です。
 
 
 
身体を洗う時も、
ボディソープを泡立てて素手で洗うのが
自分の感覚を育てることもできるし、
日々の皮ふの変化なども感じることができるのでオススメです。
 
 
ボディクリームを塗っている方は、
全身の感覚を感じながら、大切に大切にぬってください。
 
ポイントは、
気持ちいいっ!!ってカラダで感じることができるようになること。
 
まず手始め自分で触ることで、
【自分のカラダに意識を向ける時間を増やす】
をしてみてください。
 
 
 
最初はその感覚がつかみにくい人もいるかと思います。
 
 
だけど必ず感覚は育ってきます。
 
 
毎日の自分の生活に、
皮ふで感じることができるように少しずつ育ててみましょう。
 
 
次回は自分のカラダを触るコツをお届けします照れ
 
 
 
しらゆき
 
 
コメントは利用できません。