トトロ街道~蟹江神社~河内長野八幡神社ブロンプトンの旅♪

しらゆき整体心のしらゆき(@SirayukiSeitai)です。
先日秋晴れの日に大阪にトトロ街道というまるでトトロがいるような
サイクリングロードがあるらしいと聞いて、行ってみましたのでレポートします♪

三日市町駅からトトロ街道へ♪

三日市町駅は難波駅から電車で30分。

スタートは南海高野線三日市町駅から。難波駅から急行で30分と意外と近いです。
塗装された道路を走っていくとすぐにコンビニがあります。
これ以降はないので何か購入するならこの際にしておきましょう。

この先を自転車で走っていくと塗装された道でビュンビュン走ることができます。
気持ちがいい!

トトロ街道へのルートはGoogleMAPで調べながらが便利です。

トトロ街道のルートをネットで調べたのですがよくわからなくて、
いろいろ検索したところ、
グーグルマップでトトロ街道のマップがあるのを発見。

これを入れておけば細い道なんかも迷うことはありませんね。
トトロ街道の入り口なんかはこのマップを見ながら行く方がわかりやすいと思います。

トトロ街道の入り口は、単線の線路の横からスタートです。

しばらく道成に進み、Googleマップを見ながら線路をみつけます。
この線路沿いに造られた道をトトロ街道呼ばれているようです。

入口はここ。歩行者と自転車専用の看板が目印です。
道は塗装されていて自転車で走るにはとても気持ちがよく、
散歩されている方もいらっしゃいましたよ。

のどかな風景がつづく

のどかだなぁ。まさか大阪でこんなのどかなサイクリングロードがあるとは思いませんでした。
ちょうど稲刈りの後でススキなんかも見ることができました。

大阪市内から少しはなれると、自然があるんですね。
ちなみに大阪は商売の街で、門構えに木と書いて閑と読みますが
商売柄閑をするのが嫌ということであまり街に木がないと言われています。

東京なんか行ったらわかるけど、ほんと大阪は緑が少ないですね。
なのでこういった自然の場所は本当にリラックスできます。

大きな橋をくぐって、トトロ街道はつづきます。
トトロ、いるのかな。

風がとっても気持ちがいいですね。
「運がよければ、また会えるかもしれないね。」

と、またトトロに会いたいというメイに対してお父さんがいうセリフです。

気持ちいい風をあびながら

途中には川や、雑木林を抜けながらトトロ街道は進みます。
まっくろくろすけやトトロに途中会うことはありませんでしたが
メイとサツキのお父さんが言うように「運がよければ」会えるのかもしれませんね。

棚田を見ることもできて、原風景を思わせます。
トトロ街道や約5,5キロと短い距離だしほとんど線路沿いを走るので
女性1人でも気軽に旅ができるルートです。

途中の千早口駅へ。
駅前に自動販売機があったので飲み物を飲みながら休憩です。
持ってきたおにぎりもパクッと。
美味しい!!

自転車の旅は距離を進みながらものんびりと旅ができるのもいいですね。

千早口駅をすぎるとまた雑木林のようなトトロ街道がはじまります。
苔がたくさんはえている場所があって、
日頃たまっている自分の中の電磁波が抜かれていく気分、、、、

天然の苔をうっとり眺めてしまいました。気持ちがいいですね。

ゴールの天見駅です。
ここからすぐに帰ってしまうのも勿体無いので、
このまま街道をすすんで近くの蟹江神社と八幡神社に行ってみることにしました。

蟹江神社

天見駅から自転車で緩い登りを5分〜10分ほど進むと、
蟹江神社が見えてきました。

古めかしく由緒ある神社という雰囲気で
階段がそびえています。

入り口にお賽銭があったので、
盗まれやすいブロンプトンを持って行かれないようにお願いして入ります。

神社の階段ってなんだか神秘的ですよね。
一歩一歩登っていくうちに身が清められる感じがします。

トトロで家族3人で神社に行く時もこんな階段を上ってませんでしたっけ??

登ってみると厳かな御本殿。
そっと手を合わせてお参りをしました。

地元の方に愛されているんでしょうね。

帰りにカタツムリを発見。
蟹井神社の「井」の文字の中にいるの、見えるかな??

カタツムリって久しぶりに見ました。
小学生ぶりくらいかもしれない。

ちなみにカタツムリは古来から神聖な生き物として、
長命・幸運・幸福・慶びのシンボルだそうです。なんだか嬉しいですね。

八幡神社へ

そこから自転車で10分くらいかな。
せっかくですので河内長野八幡神社にもおじゃましてきました。

なだらかな山道を集落の中を通って向かいます。
朱色にそまった橋がきれい。

重要文化財で湯釜というのがあるらしく、
道中にも大きな湯釜がありました。

毎年この湯釜で湯立て神事というものが行われるそうです。
無病息災、家内安全という意味があるそうですよ。

 

どなたもいらっしゃいませんでしたが、
とても綺麗に本殿は祀られていました。

無事にたどり着いたことに感謝しながら、
有名であるという大きなイチョウの木を探します。

樹齢約400年と言われているらしく、
とても立派な銀杏の木でした。

他に銀杏の木は見当たらず、どこにあるのかわかりませんでしたが
本殿の左側に大きくそびえ立っています。

見るべきはこの大きな根っこですね。
銀杏の木を支える根っこがとても大きくて
力強さを感じます。

山の斜面にはえているのですが、がっしりと掴んでいて安定しています。

この後はそのまま天見駅まで帰りブロンプトンをバックに収納し帰路へ。
とっても気持ちいい風を浴びながら自転車にのれて最高でした。

難波からも30分と好立地なのでぜひトトロ街道行ってみてくださいね。

Posted from SLPRO X for iPhone.

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。